廃車に関する手続きなど。

廃車にかかる手続きについては、以下のようなものがあります。

まず、もうそろそろ寿命で、車検の時期が来てしまったから買い換えて、今の車は捨ててしまおう・・・とか、事故や重大な故障などで、これ以上所有していくわけには行かなくなった車両などを廃車にするには、まずはしかるべき場所などで廃車手続きを取る必要があります。

まずは、国土交通省管轄の地方の出先機関である運輸支局(沖縄地区では、沖縄総合事務局が所管している陸運事務所)に廃車に関わるtetsudukiに必要な書類などを持って、手続きをすることになります。

この手続きに必要となってくるのは、その手続きの種類によって異なります。

まず、同じ「廃車」手続きと入っても、車を解体するなどの理由で、永久に抹消してしまう場合、または中古車として売却したり、または他人に譲る場合・そして、何らかの理由で一時的に登録を抹消したいという場合の2通りの手続きが存在します。

この手続きの種類の事を、永久に抹消してしまいたい場合には「永久抹消登録」と、一時的に抹消してしまいたい時に行う手続きの「一時抹消登録」という2通りの方法を言います。

永久抹消登録

永久抹消登録というのは、重大な事故や故障などで、修復が困難なので、この車を潰してしまおうと考えたとき、または必要なくなったけど、誰かに譲ることもせずに直接解体してしまおうといった場合に行う手続きの名称です。

この永久抹消を行うと、この自動車を再び登録することは出来ません。
(レストアする自動車などは別の手続きなどを行って登録できたりもするのかもしれませんが)
その代わり、手続きする側も、もう解体してしまうことを前提に行う登録の方法なので、問題は無いということでしょうか。

この永久抹消については、普通自動車と軽自動車で手続きの窓口や書類の一部に異なる部分がありますので、ご注意ください。

>>永久抹消登録手続きに必要な書類はコチラ。

 

一時抹消登録

一時抹消登録と言うのは、自動車を長く使用する必要が無い場合、例えば、長期出張に出かけるものの、その間自動車は使用する必要がないので、一旦一時抹消をすることで、自動車にかかる税金などを支払わずに済ませる場合や、または自動車販売のために一時抹消という形をとって、自動車販売のネットワークに乗せるため(もちろん自動車が売れた際には、一時抹消登録の解除を行う)などに行われるものです。

どちらも一旦ナンバープレートと必要書類を陸運支局などの窓口へ持参し、抹消登録の手続きを行うことになります。
こうした廃車に関する手続きは、自動車ディーラーや中古車販売店・自動車の解体屋・または自動車買取専門店など、自動車関連のサービスを行っている業者に依頼すると良いのですが、基本的には所有者が自分自身でも行う事が出来ます。(業者などに手続きをお願いした場合は、手数料が必要となってくる場合があります。)

おすすめWEBサイト 5選

BIGLOBE
http://www.biglobe.ne.jp/
手芸用品
http://www.syugeiyasan.co.jp/

Last update:2014/9/10

>>ページ上部へ戻ります。

当サイトに記載されている情報は、管理人が独自で収集した情報などを基にしています。
一部、管理人の主観が入っている箇所もございますが、当サイトに記載される内容に関しては、ご利用される皆様の判断にてご利用ください。
当サイトに記載された内容は、予告無く変更される場合がございます。

  1. 廃車野郎 トップページ >
  2. 廃車に関する手続きなど。
(C)廃車野郎 All Rights Reserved.