廃車野郎!メイン画像

廃車後のリサイクルについて。

廃車の後のエコロジー・リサイクル

廃車となった自動車たちのその後 1廃車となった自動車たちのその後 2廃車となった自動車たちのその後 3というページを当サイト内で書いてきたのですが、
こういったページを書いていくに連れて管理人が考えたのは、
廃車後はそのまま自然に放置させて、サビ鉄の塊として朽ちてしまわせずに、利用できるチャンスを大いに活用させているケースも多くあるんだなっていう事でした。

というのも、廃車となったあとの自動車が、各部品毎にバラされ、ボディはスクラップに回され、鉄やアルミなどの素材ごとにさらに分けられて、再び新品の鋼材の原料となる・または、プラスチックなどの素材も、それぞれに分けられた上で、別の製品として生まれ変わる、リサイクルの仕組みの上で、新たな役割を与えられるということもあります。

ですが、それ以外にも充分廃車になってしまった自動車には、役割があるということが分かりました。
そのまま自動車として使用するということ、そして、自動車という形はなくなっても、各パーツだけでも生きるというその後の廃車となった自動車の姿は、本当に隅から隅まで循環されているんだなって思いました。

やはり、最近ではリサイクルであったり、エコロジーの概念が世の中に生まれ、その意識は急速に高まってきました。
その中で、自動車はあらゆる技術の結晶と呼ばれるほど、様々な技術が採用され、その技術を支える部品に、あらゆる素材が使われ、その処分の方法がかなり以前から問題視されてきました。

そういった問題が議論されている中でも、廃車となった自動車は、ただ解体されるだけではなく、さまざまな利用法が模索され、人々に使用されていきました。

現在では、自動車メーカーも本腰を挙げて、リサイクルに取り組む様になってきました。
自動車の部品に使用される素材を、リサイクルが容易な素材へと順次切り替えら始め、現在ではリサイクル可能な部品が、その自動車に使用される部品の半分以上というレベルにまで至りました。

また、国としても、リサイクル制度を充実させ、廃車となる自動車がそのまま産業廃棄物とならないように、制度整備を行ってきました。

解体業者などでも、自動車リサイクル法などの決まりに則り、リサイクルを意識した作業を行うことで、廃車を行った自動車をリサイクルシステムに積極的に載せ、地球に優しい仕組みを作ろうと懸命になっています。

こうして、自動車も、現在は廃車といっても、リサイクルに貢献できるようになったため、以前のようなネガティブなイメージは結構消えたのでは無いかと、管理人は思います。

なお、自動車リサイクル法についてf書いているページもありますので、こちらもあわせてお読みいただけると幸いです。

>>自動車リサイクル法について。

Valuable information

So-net
http://www.so-net.ne.jp/
保育士 派遣 大阪
http://www.bellsante.co.jp/

2014/9/10 更新

>>ページ上部へ戻ります。

当サイトに記載されている情報は、管理人が独自で収集した情報などを基にしています。
一部、管理人の主観が入っている箇所もございますが、当サイトに記載される内容に関しては、ご利用される皆様の判断にてご利用ください。
当サイトに記載された内容は、予告無く変更される場合がございます。

  1. 廃車野郎 トップページ >
  2. 廃車後のリサイクルについて。
(C)廃車野郎 All Rights Reserved.