廃車野郎!メイン画像

自動車リサイクル法について。

廃車後にどうしようもないゴミを出さないための制度

廃車後のリサイクルについて。というページでも取り上げましたが、自動車リサイクル法について、簡単ではありますが説明して行きたいと思っています。

自動車リサイクル法とは、その正式名称を「使用済自動車の再資源化等に関する法律」と言います。

この法律の趣旨としては、自動車が廃車となり、解体などがされる場合には、自動車から様々な種類の素材で出来た部品類が、ゴミとして出てきます。
それも、鉄やアルミ・銅線・鋳鉄などなど・・・。

自動車と言うのは、ありとあらゆる素材で出来た部品が、複合的に取り付けられ、複雑な構成となっていることも珍しくはありません。

こうして出来た自動車を廃車時に解体する際には、途方も無いくらい織り交ざった状態でゴミが出てきます。
そうなった場合に、こうした部品類がただのゴミとして処理されたり、または打ち捨てられたりしてしまうことになると、こうした「ゴミ」となってしまった自動車は、地球を汚し、私達の生活をも脅かしかねない存在となってしまいます。

そして厄介なことに、一部の部品に関してはこれまで容易な処理が困難なものがあったため(例えば爆発して作動するエアバッグなど)、こうした部品に関して、適切に処理されないケースもあったということです。

そこで、廃車となった自動車のその後の処理に関して明確なルールを定め、自動車リサイクルのルートを整備し、また一般のドライバーからはリサイクル料を徴収することで、廃車後の自動車が、明らかな「ゴミ」となることを防ぐという目的などがあります。

このリサイクル法の制度の、ドライバーから見た主な特徴は、廃車する際に支払うべきリサイクル料金を、新車の購入時にあらかじめ支払うことで、廃車時にかかる負担を少しでも減らすことで、リサイクル処理のルートに乗せ、上手く処理をすることなどの制度的な工夫がされていることでしょう。

これは2005年からの施行時以前の、まだリサイクル量が支払われていない自動車についても、車検時に支払う形を取ることで、基本的に全登録車に対して行うという、大規模な制度となりました。

現在では、このリサイクル法に則った処理が適正になされていると見られているため、現在の所はこの法律の趣旨の一つでもある、廃車のゴミ化を防ぐ一定の役割は果たせていると見られています。

Favorite

リフォーム 葛飾区

Last update:2017/12/7

>>ページ上部へ戻ります。

当サイトに記載されている情報は、管理人が独自で収集した情報などを基にしています。
一部、管理人の主観が入っている箇所もございますが、当サイトに記載される内容に関しては、ご利用される皆様の判断にてご利用ください。
当サイトに記載された内容は、予告無く変更される場合がございます。

  1. 廃車野郎 トップページ >
  2. 自動車リサイクル法について。
(C)廃車野郎 All Rights Reserved.